つけまつ毛は古い、これからは自まつ毛勝負

毎日のアイメイク、中にはまつ毛を強調させていくためにつけまつげを毎回使用しているという人もいるのではないでしょうか。やはり、自まつ毛だけではその長さも太さも十分ではないと思われている人も多いのでしょう。確かに、つけまつげを使用すればすぐにそれが可能になりますし、ものによってはより自然な形で目元を強調させていくことができます。
ですが、実はこのつけまつ毛を使用する方法、もう時代に乗り遅れている部分もあるのです。というのも、最近では自まつ毛をより長く、そして太く成長させていくことで、つけまつ毛と同程度の効果をえることができるのです。
それはまつげ専用の育毛剤、美容液を使用していきます。まつげ専用の育毛剤、美容液にはその成長に欠かせない美容成分、薬用成分が豊富に含まれています。まつげを長く、そして太くしていくための成分をダイレクトに吸収していくことができるので、より高い効果を期待していくことができるのです。
もちろん、この育毛剤や美容液、塗ってすぐに効果が現れるというものではありません。その効果を実感するまでにはある程度の機関が必要になってきますが、長く使用すればするほどその効果は高まっていくので、最終的につけまつ毛を使用しなくても目元を強調させていくことも可能になってくるのです。
まつげの育毛剤、美容液は薬局や通販サイトで手軽に購入することができます。商品によっては口コミで高評価を受けているもの、ランキングサイトで上位を独占しているというものもあるので、気になる人は是非チェックしてみてください。もしかすると、これをきっかけに毎日のアイメイクの手間と時間を軽減していくこともできるかもしれません。

自まつ毛を長くしたいならまつ毛育毛剤

毎日メイクしていると、時にはまつげにひどくダメージを負わせてしまうという人も中にはいます。アイメイクをいつもよりも入念に行ったという場合、さらにはまつ毛エクステやつけまつげを使用した場合になど、想像以上の負担がまつ毛にはかかっていくことになるのです。メイク落としを使用する際、もしくは洗顔時に一緒に自まつ毛も抜けてしまったという経験をされたことがある人も中にはいるのではないでしょうか。
これはもしかしたら日ごろのまつげにかかる負担が関係しているのかもしれません。こうした状態が慢性的に続いていくと、自然とまつげの本数は少なくなりますし、短く、細いまつ毛ばかりになってしまうかもしれません。
そこで、今回おすすめしていきたいのが、まつ毛専用の育毛剤です。まつ毛専用の育毛剤を使用していけばこれらの問題点、まつ毛自体の弱りを解消していくことができます。もちろん、その育毛剤を塗ってすぐに効果が現れるというわけではないでしょうが、毎日継続的に使用していくことで、その本数は多くなっていくでしょうし、太さや長さも十分に成長させていくことができるのです。この方法であればより自然な形でまつげを強調させていくことができるので、結果的にまつげエクステやつけまつ毛に頼ることなく毎日のメイクを楽しむことができるのです。
もちろん、人それぞれ、効果の出方は異なってくるでしょうが、気になる人は一度育毛剤を使用してみるのもいいかもしれません。まつ毛の育毛剤は薬局や通販サイトで簡単に購入することができます。医療用の商品は医療機関でしか購入することができませんが、それ以外、所謂市販の育毛剤であればより手軽に入手することができるのです。

まつ毛の周期について

まつ毛にはその他の毛と同じように毛周期というものが存在します。この毛周期、毛が抜けて生えてくるまでの周期のことを指しますが、より詳しく把握していくことでまつ毛エクステやメイクの仕様を工夫していくことができるのです。
基本的に、まつ毛の毛周期は30日から100日程度だと言われています。期間にこれだけの違いがあるのは、まつ毛の毛周期にどうしても個人差が出てきてしまうということが影響してきます。比較的毛周期が早い人であれば、そのスパンも短いので、さほど気にする必要もないかもしれませんが、逆に毛周期の長い人であればまつげエクステをつけるタイミングをうまく調節しないと、まつ毛をひどく痛めてしまう可能性もあるので注意が必要です。
まつ毛の周期には大きく分けて成長初期、成長期の比較的まつ毛エクステが適さない時期、そして退行期と休止期の4つがあります。先に述べたように成長初期と、成長期はこれからまつ毛が成長していく段階なので、変にまつ毛エクステを装着してしまうとその成長の妨げとなってしまいます。その点、退行期であればすでに成長は止まっている段階のまつげなので、エクステに装着するにはおすすめのタイミングといえるでしょう。
とはいえ、まつげというものはそれぞれの部位、まつげでこの周期が混在している状態になっています。つまり、どのまつげが成長期でどの部分が退行期なのか、うまく見極めていかないといけないということなのです。
ですから、まつ毛エクステを装着する予定があるという人は、できるだけこの見極めが上手なサロン、スタッフに施術をお願いするようにするといいでしょう。変に慣れていないスタッフ、素人が施術を行うとこのまつ毛周期を無視した状態になりかねないので注意が必要です。

<まつ毛のお悩み改善に>
ケアプロストの効果について
ルミガンが売れています

トップページへ